全国人材支援連合会からのお知らせ&関連事業のご紹介

当連合会に係る税務調査に関する報道についてのお詫びと今後の対応

当連合会に係る税務調査に関する報道についてのお詫びと今後の対応

冠省 この度、報道各社より、当連合会において売り上げの一部を簿外にしていたと国税局が指摘した旨の報道がなされ、お取引先各位に大変なご迷惑、並びに不信感を与えてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
本件、2018年秋に当連合会に対し国税務調査が行われ、修正申告を行いましたことは事実でございます。
経緯につきましては、当連合会としては適法に会計士を通じ決算をしている認識でございましたが、一部見解に誤りがあり、2012年から7年間において、修正申告を行うに至りました。
その後、2018年12月に修正した内容の納税を完了し、関係所管行政庁への対応は完了済みとなっており、現時点においては適正な会計処理のもと法令遵守にて事業運営しておりますことご報告申し上げます。
しかし、当連合会といたしましては今回の新聞報道で皆様に与えたご迷惑、不信感に対する事態を重く受け止め、西澤敏彦においては2020年4月22日に代表理事、並びに理事の辞任が申し出され、全国人材支援事業協同組合理事を兼任している菊池博文、八幡友也、西澤明人においても辞任、本内容に関して緊急理事会にて承認、同時に一部の理事の役職変更等も実施し、登記変更申請に移行しております。
今後このような失礼が二度と発生しないよう、法令遵守と服務規律に基づく運営の徹底を改めて誓い、お取引先の皆様、並びに世界の関係者への信頼回復に向け、全理事・全職員一丸となって社会貢献事業に取り組んで参る所存でございます。
今後とも、皆様のご指導・ご鞭撻の程、何卒宜しくお願申し上げます。
敬具

一般社団法人全国人材支援連合会
代表理事 大嶋 尚美

PAGE TOP
★Translate★